【追悼】モリケン(森岡賢)の音楽人生まとめ SOFT BALLET編

calendar

reload

【追悼】モリケン(森岡賢)の音楽人生まとめ SOFT BALLET編

もうガリガリとは言わせない!『マッチョになって10キロ太る方法』

ども、管理人の閣下です。

モリケンさん追悼の意味を含めて、その代表曲をまとめてみました。

 

 

SOFT BALLETとは?

1986年結成。インディーズレーベル太陽レコードよりシングル「BODY TO BODY」をリリース後、1989年アルファレコードよりメジャー・デビュー。1995年7月23日渋谷公会堂のライブをもって活動停止。

2002年の「サマーソニック 2002」で活動再開し、アルバム2枚をリリース。2003年のツアー「大団宴」後、再び活動を休止。

音楽性はフューチャーポップインダストリアル・ロックハードハウスアシッド・ハウス、デビュー時のコピーによれば「エレクトロ・ボディ・ビート(エレクトロニック・ボディ・ミュージックと同義である)」と二名の作曲者の個性によって多彩である。当初はベルギーのEBMバンドであるFRONT 242に影響を受ける(BODY TO BODYはFront 242へのオマージュ)。しかし特徴的なサウンドは当世のテクノ・エレクトロニカに主軸を移しつつ、IDM、アンビエントなどの要素を取り込み始める。電子音楽的な冷やかさと無機性を持ったサウンドながら、遠藤の歌唱やサポートミュージシャンなどによってロック色を強く保ったそのスタイルは日本の音楽シーンに少なからず影響を及ぼした。

ウィキペディアより

 

1stシングル 「BODY TO BODY」

 

4st 「EGO DANCE」

 

 

6st 「THRESHOLD」

藤井麻輝作曲ですが、一番好きな曲なので貼りました。

ツインドラムと怪しげな曲調がマッチしていて最高にカッコいいっす!!

 

 

 

8st 「WHITE SHAMAN」

 

 

本当に個性的なバンドだなぁ

いやバンドっていう言葉がしっくりこない人たちだ。

音楽ユニットというのが一番しっくりくるかな?

 

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

BUCK-TICKER(バクチッカー)トミー

BUCK-TICKER(バクチッカー)トミー

小さな修理屋を経営するずっと底辺の個人事業主でした。
本業が厳しくなり、ネットに活路を求めるも、失敗の連続...
ECショップ、ヤフーショップ、アフィリエイト...etc

せどりと出会った当初、初期は全然稼げませんでした。

しかしメンターと出会い、徐々に成果を出し始め、思考が180度変化。

今はリピートせどらーと呼ばれるやり方でゆったりと小遣い稼ぎをしてます。

今のスタイルに変わるまでの私と同じ失敗をする人間をこれ以上増やさないため、わかりやすく解説していくブログです。

信念:積極的に関わってくれる方と幸せを共有していきたいです。
どちらかが一方的に得をするようなやり方は駆逐したいです。

2018/1より副業ブログへ変更

folder プロフィール

No Image

more...