月別アーカイブ: 2016年5月

(林家)三平が笑点に来たりて日テレが笑う

 

ども、管理人の閣下です

 

今日のテーマはこちら

 

日テレ 林家三平 笑点

 

 

春風亭昇太

 

 

若返りをはかった長寿演芸番組「笑点」(日本テレビ系)が28.1%と好発進した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 「29日は、勇退した桂歌丸さん(79)から、春風亭昇太さん(56)に司会が変わって初めての回。昇太さんの初司会ぶりと、新メンバーが誰なのかなど注目度が高かったこともあり、高視聴率となりました。昇太さんの初司会も概ね高い評価だったようです」(テレビ局関係者)

 新メンバーの加入自体が10年ぶりで、日本の高齢化社会の縮図のような番組と言われていた「笑点」だが、新メンバーとなったのは唯一の40代、林家三平(45)。三平の起用理由は40代であること、屈託がないところだったという。

 「視聴率は3週連続で20%を超えた分ハードルが高くなっていますが、来週以降どうなるかが見ものです。『若手にはまだまだ任せられない』と言われないようがんばってほしいですね」(前出・テレビ局関係者)

 若手パワーに期待したい。

 ヤフーニュースより

 

 

 

 

 

 

老兵が去ったあとは司会も新メンバーも若返り!!

 

なんだか悲しいような気持ちとフレッシュな気持ちと

両方が混ざって複雑な思いですね。

 

おそらく私自身が昭和と平成にはさまれた団塊Jr(ジュニア)世代だからでしょうね。

 

 

音楽界にもT-SQUARE(ティー・スクェア)という異世代のバンドがあったりしますし、

もしかしたらこういう形態が増えてくるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

T-SQUAREのCDをさらに探す>>

「セバスティアン、国王の銅像を破壊しろ」 『イエス マイロード』

ども、管理人の閣下です

さて今日のテーマはこちら

セバスティアン 銅像 破壊

 

 

 

ポルトガルで起こった珍事

ポルトガル・リスボン(CNN) 

ポルトガルの首都リスボンで、126年前に建造された国王の銅像にカメラを持った男がよじ上ろうとして

破壊してしまう出来事があった。

同国の歴史文化遺産管理当局は、国の歴史遺産が破壊された事件として立件する方針を明らかにした。

破壊されたのはリスボン市内のロシオ駅にあるセバスティアン国王の銅像

地元警察によると、3日に24歳の男が自撮りをしようとカメラを手に銅像によじ上ろうとしたため、

重さで銅像が倒れて粉々になった。

現場から逃げようとした男は警察に取り押さえられた。

歴史文化遺産管理当局は、破壊された銅像を修復するか、元の場所に新しい銅像を建造することを検討している。

1890年に開業したロシオ駅は、欧州の駅の中でも特に歴史的重要性が高く、

旅行誌で世界の美しい駅14選に選ばれたこともある

セバスティアン国王(在位1557~78年)はポルトガルの歴史に登場する伝説的な存在で、

24歳で戦死し、間もなくポルトガルはスペインに併合された。

ポルトガルには、セバスティアン国王がいつか朝霧の中から白馬に乗ってよみがえるという言い伝えがある。

 

YAHOOニュース(CNN)より

 

破壊されたセバスティアン国王の銅像

自撮りで破壊www
ポルトガルの方々には申し訳ないけども、
あまりにもアホな理由すぎて笑っちゃいました。
 


<PR>

【代引き版】美顔・美肌になって若返り!1日5分のアンチエイジングフェイスケア!大澤美樹監修「美魔女ラボ」

 


 

伝説の国王 セバスティアン

セバスティアン1世(Sebastião I, 1554年1月20日1578年8月4日)は、

ポルトガル王国アヴィス王朝(在位:1557年 – 1578年)。

「待望王」(o Desejado)と呼ばれる。

 

・祖父ジョアン3世には多くの男子がいたが、セバスティアンの父ジョアン・マヌエルも含めて全員に先立たれ、

セバスティアンは父ジョアンが没した18日後に誕生した。

広場に詰めかけた群衆に王子の誕生が知らされると、群衆は王子の誕生に歓喜し、祝福した。

フアナに男子が誕生しなければ、スペイン王フェリペ2世の王子ドン・カルロス

ポルトガル王位が移る可能性があったためにセバスティアンの誕生は国民から望まれ、「待望王」と渾名された。

ウィキペディアより抜粋

・度胸があり、冒険心に富んでいたことから、セバスティアンは「騎士王」とも渾名される。

 

・しかし、情緒不安定で虚栄心が強い性格の持ち主でもあり、他人の意見をほとんど聞き入れなかった。

 

・幼少期から戦争と宗教に異常とも言える興味を示していた。

 

・年を経るにつれて、セバスティアンの中では十字軍を実施する願望が強くなっていった。

 

・セバスティアンの軍隊は統制がとれておらず、規律に欠けていた。

1578年8月4日にアルカセル・キビールの戦いでポルトガル軍はイスラーム軍と交戦し、

ポルトガル史上最大の惨敗を喫した

この戦いで敵のアブー・アブドゥッラー・ムハンマド2世と味方のアブー・マルワン・アブド・アル=マリク1世は共に戦死し、

セバスティアンも行方不明となったが、遺体は見つからなかった。

モロッコ遠征に要した戦費は歳入の半分に達し、国家は多大な損失を被った。

 

24歳の若さで死ぬまで独身で王妃候補者をことごとく退けて来たため、嫡子はいなかった。

このためポルトガル国政は混乱し、枢機卿で摂政を務めていたエンリケ1世が聖職のままに王位に就くが、

世俗に戻り婚姻することをスペイン王(ハプスブルク家)の影響下にある法王庁に禁止されたため、

またも後継者を決めることができないまま1580年に死去し、

その後ポルトガルはスペインのフェリペ2世に支配され同君連合として、隣国の支配下に置かれることになる。

 

あれっ、もしかしてとんでもないダメ国王

だったんじゃないんですか?

 

少なくとも私はこんな国王のもとにいたくないですけどね。

 

 

まとめ

・セバスティアン国王の銅像が破壊された

・セバスティアン国王は悪い意味で伝説の人だった

 

 

   

【はた迷惑】ハイスタ違い モニタリング打ち切り?!ベッキーはどうなる

————————————————————-

—————————-PR—————————–

 

—————————-PR——————————

————————————————————–

 

ども、管理人の閣下です

久々の更新ですが、みなさまどうか最後までお付き合いくださいませ。

 

 

さあ今回のテーマはこちら

 

ハイスタ モニタリング ベッキー

 

 

 

概要(テーマ元情報)

架空経費の計上で約7100万円を脱税したとして、東京地検特捜部は6日、法人税法違反の罪で、

東京都中央区の番組制作会社「HI―STANDARD(ハイスタンダード)」立浪仁志社長(45)を在宅起訴し、

法人としての同社を起訴した。

 同社はTBS系バラエティー番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」を制作。

お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」らが出演し、レギュラーメンバーの一人だったベッキー(32)は、

不倫騒動で休業している。

 起訴状によると、立浪氏は2014年12月期までの2年間に、架空の制作費を計上するなどの手口で

約2億7900万円の所得を隠し、法人税約7100万円を脱税した疑いが持たれている。

 この不正は本紙が昨年12月に報道。

「マルサ」こと東京国税局査察部は慎重な調査を重ねていたが、今月2日にテレビ各局、

一般紙が刑事告発していたことを伝えた。

 立浪氏は陳謝。同社は既に修正申告と納税を済ませたという

番組制作会社としては異例の刑事告発に発展し「モニタリング」は打ち切りの危機に追い込まれている

「一連の事態を重くみて『ハイスタンダード』のディレクターは『モニタリング』からすでに外された。

番組自体の評判も最近は落ち気味で、今回の告発を受けて打ち切りがささやかれている」

とはある制作会社幹部。

 ふびんなのはベッキーだ。

「早ければ今夏にも芸能活動を再開し『モニタリング』にも復帰する見込みだった。

でも打ち切りとなれば、ベッキーはレギュラー番組を1つ失うことになり痛手。

この件に関してベッキーは全く悪くないのに気の毒です」と前出幹部も同情した。

復帰を目指すベッキーにとっては泣きっ面に蜂だ。

 

東スポWeb版より

 

まあベッキーはともかく

Hi-STANDARD(ハイスタンダード)って・・・

 

 

 

 

若い人の中にはご存知ない方もおられるかもしれませんので、少し振り返ってみましょう。

 

 

Hi-STANDARD(90年代後半から活躍したパンクバンドのこと)

1991年難波章浩横山健恒岡章を中心に結成。

 

インディーズブームの走り

 

アンチメジャー

  • 活動概念として、一貫して見受けられるのが「非大衆性/アンチメジャー」である。これは1980~90年に出現したパンク/ロックジャンルのバンドの大部分が、地道なライブハウス活動を経たのち大手レコード会社にスカウトされ、大衆的な商業戦略によりテレビの音楽番組やバラエティー番組に出演し、一時的に持ち上げられ、人気・商業価値の下降とともに契約を切られて解散していく「バンドブームのバブル崩壊時代」の悲惨な経緯を当時ライブハウスで働いていた横山がリアルタイムで見ていた事が起因になっている。
  • 1990年代初期、アンダーグラウンドと位置づけられていた一部のパンク/ハードコアバンド達はこうした前例を踏まえ、ライブハウス展開、CD自主制作、CD手売り、深い精神世界の歌詞、いわゆるDIY精神とよばれる自主活動を精力的に行い、支持者、ファンを拡大しつつあった。ハイスタンダードも同様にほとんどの活動を自主的に行い、後のパンクバンド達の活動方針の目安となっている。

 

ファンに対する感謝

  • ハイスタはファン層の膨大化により、ライブチケットはどの会場も瞬時にソールドアウトしてしまい、従来/新規のファンによる温度差、特にチケットが常にプレミア化する問題等に頭を悩ませていた。そこで昔からのファンに対する感謝、メッセージとして行われたのが1997年12月リリースの完全ノープロモーション、事前告知一切なしのシングル「War Is Over(w/WIZO とのSPLIT (1997年))」である。これは、ハイスタを昔から聞いている人はライトユーザーに比べて頻繁にDISK UNION等のレコード店に出入りしていることから、いつも通りフラっと店に入ったら何気なしに突然ハイスタのシングルが置かれていて、偶然買えた人はラッキーという狙いだった。

 

ウィキペディアより抜粋

 

 

とにかくアンダーグラウンドシーンが熱かった時代で、

彼らのようなインディーズだけを扱った音楽番組なんかもありました。

 

言っちゃあ悪いけども、

今のようにぬるい音楽にほぼ埋め尽くされている今の世代が、

ある意味かわいそうに思う今日この頃です。

 

90年代はもっと音楽が身近だったんだよね~

実力差も上から下まで幅がひろかったのが特徴

 

その代わり今は聴こうと思えばお手軽に名曲をふりかえることができる。

だから逆に貪欲さがないのかもしれませんね。

 

な~んてテーマからぶれまくりですね(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく社長は大ファン?!

なんでしょうね。

全く同じ名称を会社名にするぐらいなんだから。

 

そして視聴率低下が問題視されているあのフジテレビで、数少ない人気番組の制作会社が

上記にしるしたように脱税をしていた。

 

全然ロックじゃないですよね(´・ω・`)

 

私はつい最近このモニタリングを見だして結構お気に入りだったのですが、

すぐに打ち切りになるかもしれないなんて・・・

 

ベッキーだけでなく、私もツイてないかもしれません。

当のハイスタも迷惑千万でしょうね。

モニタリングで検索すると「やらせ」と出てきますが、

文句をいってる方々は放送作家さんとかがなぜいるのかわかってらっしゃらないのかな?

 

バラエティなんて大なり小なりやらせがあるものです。

それをわかっていてあえてスルーしてあげるのが、

本当の楽しみかただと私は思いますがいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 ←このアルバムどんだけ聴いたことか…

 

 


こんがりしげるのメモリ

 

ども、管理人の閣下です。

 

パソコンがダメになってしまって、新しいものに変えたのはいいものの、

データ移行に超手間取ってしまい、更新ができておりませんでした。

 

つくづくパソコンって便利なようで不便なツールだと認識しました。

^^;

 

 

 

————————————————–

————————————————–

———————-PR————————–

 

【サポートメモリープレミアム】

 

☆最近物忘れがふえてきた

 

☆ついさっき聞いたことや話した内容が抜け落ちてしまう

 

☆書類などが理解しにくくなった

 

☆若い人たちの話のテンポについていけない

 

 

「思い当たる節がありすぎる~」

というあなた

 

人間の脳は20歳から衰えが始まるという話を聞いたことがありませんか?

 

常に刺激のある環境に身をおいておられる方

例えば政治家の人たちは年をとっていても

 

すごく頭の回転が早いです

 

 

「でも政治家の人は特別でしょ~」

 

たしかにそうですね

多くの人は家庭を守って日々を暮らしている

それが一般人の実直な暮らし方です

 

 

だけども物忘れはできるなら克服したい!!

 

そんなかたはこちらを一度ご覧になってみてください

   ↓

   ↓

 

 

——————————————–PR———————————————————

——————————————————————————————————

—————————————————————————————————–

 

【本文ここから】

 

 

 さて今日のテーマはこちら

 

「松崎しげる メモリ」

松崎しげる

毒女ニュースさまより拝借

 

 

 

概要

 

ニコニコ超会議2016の「アイ・オー・データ機器」ブースに、歌手の松崎しげるさんが登場。同社とのコラボで誕生した「アイのUSBメモリー」をPRしました。

【松崎さん仕様の黒すぎる「ブラックサンダー」も】

 「アイのUSBメモリー」には、松崎さんの代表曲「愛のメモリー」にちなんだ3パターンの「しげるボイス」を収録。

PCに挿すたびに、愛あふれるボイスを聞くことができます。

なお、同商品の売り上げは全て熊本地震の被災地へ送られる予定とのこと。企画にも愛があふれています。

 ブースには、松崎さんのほかに、アイ・オー・データ機器の細野昭雄代表取締役社長とコラボの発起人である、「ニコラジ」パーソナリティーのやまだひさしさんが登壇。

松崎さんは終始笑顔で、「アイのUSBメモリー」コラボのかぎりない喜びを語りました。

 

 

愛のメモリ

9,6GB

 アイ・オー・データ機器が、歌手の松崎しげるさんとコラボしたUSBメモリ「アイのUSBメモリー」を、4月29・30日に幕張メッセで開催されるイベント「ニコニコ超会議 2016」で販売します。松崎さんの代表曲といえば「愛のメモリー」。ダジャレじゃないか!

【ニコ超に出演する松崎しげる】

 「アイのUSBメモリー」は歌っている松崎さんの上半身をかたどったデザイン。

「松崎しげるです!」と音声が出てくる機能も備えています。

こちらを特典付きで「ニコニコ超会議 2016」内のアイ・オー・データ機器ブース(ホール2‐29)で販売。

ブースでは「松崎しげるに満たされたデスク周り」も展示する予定です。なんだか黒そうだ。

 ちなみに松崎さんはすでにニコニコ超会議で企画「超音楽祭2016」「超ニコラジ」「大和超券ステージ」への出演が決まっています。

松崎さん本人のいる会場で松崎さんのUSBメモリが手に入れられるなんて、美しい人生よ! 限りない喜びよ! ニコニコ超会議 2016は4月29日が10時~18時、30日が10時~17時開催です。

 

 

松崎しげるさんといえば

 

『愛のメモリー』

 

というぐらい、彼の代名詞ともなっている超有名曲ですね。

 

実はこの曲以外にも

私たち40代以上の人間にはなつかし~~いと思う有名な曲があるんです。

 

それはあるドラマのエンディング曲だった楽曲で、

子供の頃、よく見てました。

 

 

 

 

 

どうですか?

同じ世代の人には懐かしく、

若い方にはすごく新鮮でしょ。

 

 

刑事ものといっても、国広富之演じる超気弱な刑事トミー

松崎しげる演じるマツ

 

『おまえなんか男じゃない! 女だーー!! 

 

男女(おとこおんな)のトミ子ーーーーーーーーっ!!!』

 

って怒声を浴びると、突然人格が変わって

 

カンフー映画みてるように、敵をバタバタと倒していくというパターン。

子供だった私がかぶりついてTVをみていたのが、

よ~くわかる単純明快な物語でしょ。

 

 

 

ちなみに後日談ですが、当時モテモテだった国広富之氏は、

このドラマで多くの女性ファンが去っていったのだとか・・・

不憫ですな。