ITビジネス

トレンドワード ビジネス

Pocket
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]

トレンドワード ビジネス

[MRP]しかし、ブームが去っても一定の検索数はあり、一度できた市場(マーケット)は簡単に消えてなくなることはないので、新規ビジネスのチャンスがないということではありません。

2019年、8月も終わり、これまでにも様々な出来事・ニュースがありました。資格を取得したりセミナーに出席したりと、ビジネスに役立つ知識を深めるため、さまざまな努力をしている方もいらっしゃると思います。ビジネスに関する知識を深める場合、「今どんなキーワードがトレンドになっているか」を知ることは非常に重要と言えます。多くの人が注目するキーワードを把握することで、それを自社でどう活用できるか、またそれによって働き方がどう変化していくか予測することができるからです。ここでは、2019年のITトレンドで特に注目されているキーワードを前編・後編に分けてピックアップします。ビジネスアイデアのヒントや会話のネタなどにご活用ください。

Google トレンドとは、Google で検索されるキーワードの検索回数の推移がわかる、登録不要、無料で使えるツールです。

一時はマーケティングオートメーション(MA)の盛り上がりに伴って、顧客の状態をスコアリングし、それに応じたアクションを自動化することがマーケティングのトレンドでした。

企画書作成においても、そういった事実やトレンドを押さえることで企画に現実的説得力を持たせることができます。そして今はクライアントが属する業界だけでなく、他の業界にも目を向け、業種を乗り越えた顧客第一主義のサービス提案の視点が求められている時代なのです。

このタイプのGoogleトレンドの場合、パズドラがおこなったアップデートのニュース記事を検索し、Googleトレンドの動きがそれに伴って、どう動いているかを分析し、自身のビジネスに置き換えて考えてみるのがいいでしょう。

世の中のあらゆるビジネスパーソンは、次にどんなビジネストレンドの波が押し寄せてくるのか気になっているといっていいでしょう。

1-2. 共感性の高い現象例とは
人とコミュニケーションを取る時、お互いの共通体験をベースに話をすると意思の疎通を図りやすいことが多々あります。特に大多数のビジネスパーソンが気になっている大きな影響力を持つサービスは、コミュニケーションを取る上で効果的です。ここではその一例をベースに考察していきたいと思います。

人工知能(AI)、自動運転、シェアリングエコノミー、IoT、フィンテック、仮想通貨、VR、AR、サービスロボット、ドローン、サイバーセキュリティ、インバウンド需要、東京オリンピック、再生医療…。ざっと挙げるだけでも、かなりのビジネストレンドキーワードがあります。ここでは、代表的なトレンドキーワードの意味とビジネスチャンスについて解説していきます。

生活者の “いま” と、マーケティング・リサーチのトレンドやノウハウを知ることができる情報サイトです。 楽しみながら、生活や仕事をちょっと豊かにするヒントが得られる記事をお届けします。

特に長らく新聞業界で大きな存在感を示していた朝日新聞の発行部数の減少は、要チェックです。企業体としては不動産収入が順調なためまだ安心ですが、世界で唯一自宅配達までしてくれる日本の新聞というビジネススキームがどういう運命を辿るのか。アマゾンに買収されたワシントンポストが黒字転換したように、海外の事例が参考になるかも知れません。

検索キーワードの需要を適切に捉えることができれば、検索広告などのマーケティング施策が成功する可能性がグッと高まります。今回は10年以上使える Googleトレンドをマーケティング観点でどう活用すればいいのかを5つのタイプと共に解説いたします。

だからこそ、ビジネストレンドキーワードにアンテナを張り、常に新しい動きをキャッチアップすることはビジネス上の競争に勝つためには必要不可欠のリテラシーなのです。

[/MRP]

Pocket
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]

  • この記事を書いた人

BUCK-TICKERトミー

こんにちわ、オタク修理屋せどらーのBUCK-TICKERトミーです。
職業:街の修理屋さん、せどり、情報発信などおこなっています。

小さなお店を経営する個人事業主ですが、失敗続きだった普通の人でも継続すればできるんだよということを知ってもらうため・・・
というのが表の理由。

本当は仕事とは別に好きなことを書ける場所がほしくて運営再開しました。応援お願いします(*´∀`*)

おすすめ記事

-ITビジネス
-,

© 2020 トミーのオタク王国作ろうぜ! Powered by AFFINGER5