漫画・アニメ

アニメ・漫画の凸凹コンビ(男女)をオタク歴40年が調べてみた

2021/5/4

アニメ・漫画の凸凹コンビ(男女)をオタク歴40年が調べてみた   どうも、アニメ・漫画好きのBUCK-TICKERトミーです。   最近とある作品を読んでいたら、 下記のようなキャラクター設定のアニメ・漫画が多いことに気づきました。   主人公が背が低い ヒロインは背が高い   さらに考えてみましたが、浮かんでくるのは昔の作品ばかりで、 最近の作品があまり浮かんでこないことにも気づきました。   もしかすると、私自身が昔に比べると 漫画を読むことが大きく減 ...

ReadMore

漫画・アニメ

「オタク文化」が徐々に世の中に認められつつある

2020/6/14

なんと 女性たちが オタク男性を守ろうとするのだ [MRP] 本調査における「オタク」市場は分野により好不調はあるものの、アニメ市場とアイドル市場は好調に推移している。 2018年度のアニメ市場規模はアニメーション制作事業者売上高ベースで、前年度比8.2%増の2,900億円と推計した。堅調な映像制作部門に加え、Netflix(ネットフリックス)のオリジナルアニメ配信の本格進出や国内外における映像配信事業が好調に推移し、拡大傾向にある。 ​また、2018年度のアイドル市場規模はユーザー消 ...

ReadMore

漫画・アニメ

伝説の剣豪宮本武蔵の生涯を描く伝記漫画etc

2020/11/2

理想からかけ離れた日本の医療に鋭いメスを入れる医療ドラマ漫画です [MRP]主人公のチート的成長やハーレム展開などのラノベっぽい要素もありますが、テンポの良さを失わせず色んなキャラを見せる、という意味では上手。漫画から「ダンまち」の世界に入ってみては? 自然にあるものを駆使して、猛スピードで文明を再生していく科学パートにハマります。もちろんバトルもあり、コメディパートのノリもよく、絵柄も少年漫画らしくデフォルメされていて読みやすいですよ。 ”医者って一体、なんなんだ?” 超安月給(3万8千円)なため、無理 ...

ReadMore

政治経済

【洗脳】左派ウイルス感染者・報道にご用心 後編

2020/11/28

【洗脳】左派ウイルス感染者・報道にご用心 後編   前後編でお送りしているコロナと報道の問題。   「わたくしは絶対だまされませんわ!」 と思っていても、知らないうちに洗脳されていることなんて、 この世の中にたくさんあることでしょう。   そして偉そうに書いていますが、わたしも洗脳されていると思います。 以前まで、緑化活動で本当に地球環境がよくなると思い込んでいましたから(汗)       さて、噂されていた通り記事がハブられていました(笑) 「 ...

ReadMore

政治経済

【洗脳】左派ウイルス感染者・報道にご用心 前編

2020/11/28

【洗脳】左派ウイルス感染者・報道にご用心 前編   コロナウイルスで世界中がパニックになって、すでに数ヶ月。 (執筆時点で20/05/19)     私の考えは最初から大きくは変わっていませんが、 強制的にいろいろと巻き込まれることになりました。   また、ここまで大きなパニックになるとは、正直少し甘く推測していました。 そこは完全に読みあやまりましたね。 データがないものは憶測で考えるしかありませんので、 正確に指針を示せる人が存在するほうがおかしいのですが・・・ ...

ReadMore

漫画・アニメ

【東大合格】受験漫画「ドラゴン桜」の名言を紹介!

2020/11/29

お受験漫画「ドラゴン桜」の主人公桜木建二の名言を紹介します。

ReadMore

音楽

BABYMETALを初めて聴いた男が徹底解説

2021/5/30

BABYMETALを初めて聴いた男が徹底解説   「BABYMETAL」   音楽好きの人でも、なんとなくだけど意識的に遠ざけている人は、 案外多いんじゃないんでしょうか。     わたしもその中の一人だったのですが、たまたま聴く機会がめぐってきまして、 初めて聴いてみました。     そのときに感じたことや、BABYMETALが支持されている理由など、 彼女たちの魅力を探っていきたいと思います。       &nb ...

ReadMore

映画・特撮

戦隊シリーズ「キラメイジャー」ネットの反応は?

2020/11/29

戦隊シリーズ「キラメイジャー」ネットの反応は?   少し前の話題になりますが、スーパー戦隊ヒーローシリーズの新作、 「魔進戦隊キラメイジャー」が、3月8日からスタートしました。     前回の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」に続いてのスーパー戦隊ものです。 なんとキラメイジャーで43作目になるのだとか。 日本の特撮の底力を感じますね。       放送前からSNSトレンドワード1位を獲得するなど、 大きな期待が寄せられていましたが、特に気になるのが ...

ReadMore

漫画・アニメ

闇金ウシジマくんに学ぶお金との付き合い方と心構え

2021/1/18

闇金ウシジマくんに学ぶお金との付き合い方と心構え   ウシジマくんといえば、借金だったり自堕落な生活を送る人たちの、 リアルな生き様が描写されていますが、 視点を変えればそんな「クズ」なキャラクターから学べることも多いのではないか?     そんなことを思いつきまして、今回はお金の勉強です。   題して、「闇金ウシジマくんに学ぶお金との付き合い方と心構え」     つまり、ウシジマくんを読み解いて、お金で気を付けるべきことを学ぼうというわけ。 そ ...

ReadMore

芸能

オタクアイドルでんぱ組.incの魅力の秘密とは

2021/2/10

オタクアイドルでんぱ組.incの魅力の秘密とは   でんぱ組といえば、先日バカリズムさんとめでたく入籍された夢眠ねむさんをはじめ、 現在タレントなどで活躍されている最上もがさんらが所属していた、有名アイドルグループですね。     現在はメンバーも新たに生まれ変わり、 虹のコンキスタドールの根本凪さんが加入されるなど、雰囲気もガラッと変わりました。     旧メンバーのでんぱ組.incも、新生でんぱ組.incもそれぞれの良さがあるのですが、 今回は個人的に ...

ReadMore

政治経済

香港デモは単なる他国のデモではない!!

Pocket
LINEで送る
Pocket

香港デモは単なる他国のデモではない!!

日本のメディアはまたもや他人事

日本での報道は減ったが、香港では依然としてデモ隊と警察の衝突が続いている。

香港政府は9月4日にデモのきっかけになった「逃亡犯条例」改正の撤回を発表したが、収まる気配はない。

 

香港の若者たちは何を求めているのか。

なぜデモは収束しないのか。

 

連日過激さだけが増している香港でのデモは、なぜ起きてしまったのでしょうか?

そして、なぜ香港の人達は逃亡犯条例の改正に反対するのでしょうか?

なぜ人々はデモをするのか?

 

一言でいうと、政治に不満があるからだ。

 

民主主義国家の場合、もし政治に不満があるのなら、それは選挙時の投票行為によって意思表明すればよい。

しかし、選挙は日常的に行われるものではない。

そうなると、不満の表明は別の手段によって行うよりほかない。

j_lam83 / Pixabay

 

中国国営通信の新華社は1日 こんな見出しの記事を配信した

正しい市民運動

中国共産党支配の崩壊が始まるんじゃないだろうか

 

「連邦」というのは、異なる発想を許すものだ。

アメリカも建国時の13州の意見が一致しなかったからユナイテッド・ステーツになった。

しかし、中国共産党はそれを危険視して許さなかったのである。

要するに、「千丈の堤も蟻の一穴から崩れる」ということで、自分たちに都合の悪いことはすべて封印しているのだ。

 

 

漢民族以外はすべて人にあらず

「ブドウの産地、新疆のワインはいかが?」。

中国国営通信の新華社は1日、こんな見出しの記事を配信した。

新疆ウイグル自治区でつくったワインの売り込みだ。

 

国民党が勝利すれば、香港からの容疑者の台湾への引き渡しは間違いなく中国本土への引き渡しとなる。

結局のところ、中国共産党がいかに人権を無視した政府であるかということなんだよ。

 

新疆ウイグル自治区では、中国政府がウイグル人を大量に強制収容して、拷問し、無理矢理に中国化しようとしている。

信じられないほどの人権侵害だ!!

 

香港の市民たちもウイグル人たちのように弾圧されるかもしれないと感じているんだろう。

そうならないためにデモが起きて、早い段階で弾圧の芽を摘み取ったのはとても大きいことだよ。

 

危険なのは台湾や沖縄・・・それ以上

折しも中国の空母「遼寧」が11日、高速戦闘支援艦、ミサイル駆逐艦など五隻を従えて沖縄本島と宮古島間を通過した。

台湾同様、尖閣諸島も沖縄も危機なのだ。

有無を言わさず香港の強権支配を徹底しつつある中国が台湾、尖閣諸島に同様の手法を使わない保証はない。

日本こそこの中国の脅威を認識しなければならないだろう。

 

南南協力というものをご存知でしょうか?

発足メンバーは、中国のほか、バングラデシュ、イラン、モンゴル、パキスタン、ペルー。

その後トルコ、タイが批准を済ませて加わりました。

 

インドネシアは原署名国でしたが、いまだに批准できていません。

もっとも、実質的には活動に関与しています。

 

これを見るだけでも中国の南進支配化はすでに計画途中だということがわかるでしょう。

AndyLeungHK / Pixabay

 

 

大中華構想

すでに移民がはじまっている

米国「フォーリン・ポリシー」誌(Foreign Policy)は4月3日、

ジョン・ボルトン大統領補佐官は中国の国連機関での影響力の急速な拡大に懸念を表明し、

国連内でアンチ中国キャンペーンを開始してきたと報じている。

 

同補佐官は、「中国は国連や国際機関で外交同盟を構築し、米国を国際社会から追放し、

自身の国益の拡大を模索してきた」と警告を発している。

 

同補佐官はジョージ・W・ブッシュ政権では国連大使に従事し、国連軽視の政策を積極的に推進してきた人物だ。

その補佐官が国連内の中国の影響力拡大に大きな懸念を表明しているわけだ。事態の深刻度が分かる。

 

お客さんの衛星だとはいっても、中国はそこに、自分のための装置――測位センサーや光学センサーなど――を搭載させる(いわゆるホステッド・ペイロード)こともでき、現にやっていると言われています。

ひとたびこの関係に入ってしまうと、中国製衛星のカスタマーでいることが、経済的に最も合理的になります。

中国からみれば、超長期の大得意先を手にできることになります。

 

すでに香港では台湾への移住が増えているという。

あと28年で香港は完全に中国の一部になるわけだから、このまま中国政府が香港に対する締め付けを強化していけば、

反中国派・民主派の香港人の多くは海外に移住せざるを得なくなるだろう。

 

1997年の中国返還時には多数の香港人がカナダやオーストラリアなどに脱出したが、それ以来の大脱出がこれから起きるかもしれない。

解決策はあるのか?

連日、香港のデモが世界中で報じられている。

このままでは天安門事件の再来になるのではないかという危惧も囁かれるなか、

経営コンサルタントの大前研一氏は、中国が香港や台湾の問題と現実的に向き合うための構想を解説する。

 

理想を言えば、この光ファイバー網にオープンな相互接続ポイントを数多く設けたうえで、

相互に競争する5Gの事業者が通信機器を取り付けられるようにすることを、政府が義務づけるべきだ。

そうすることで、特定の地域でどのサービスが成功するのかを、単一の事業者では決められないようにする。

繰り返しになるが、中国のようなやり方をまねるべきではない。

 

もっとうま味のあるのが、メンバー国に造る地上局です。

後に述べる「宇宙状況監視(SSA)」の能力をもたせた地上局は、ほどよく地球の各地に散らばって、

全体としては、中国の宇宙軍事能力に大いに資することになるのです。

 

参加国は、中国が保有・運用する測位衛星、リモートセンシング衛星のデータ、

さらには通信衛星や放送衛星の地上局が、多くの場合無償で与えられます。

自力で宇宙開発能力を持てない国にとって、これはほっぺたでもつねりたくなる話でしょう。

もちろん、中国は商売に長けているのです。

 

かつての大航海時代のように世界中を支配しようと目論んでいることが一般の目にも周知されるほどになってきました。

人権無視の大中華圏構想を根本から止める手立てがないものか。

 

ただ一つ言えることは、

もう「話し合えばわかる」という一見正しく見えるようなおためごかし思想は捨て去るべきだとわたしは思います。

 

話し合えばわかる = 思考停止

 

もういい加減理解するべきです

  • この記事を書いた人

BUCK-TICKERトミー

こんにちわ、オタク修理屋せどらーのBUCK-TICKERトミーです。
職業:街の修理屋さん、せどり、情報発信などおこなっています。

小さなお店を経営する個人事業主ですが、失敗続きだった普通の人でも継続すればできるんだよということを知ってもらうため・・・
というのが表の理由。

本当は仕事とは別に好きなことを書ける場所がほしくて運営再開しました。応援お願いします(*´∀`*)

おすすめ記事

-政治経済
-, , , , , ,