音楽

【追悼】ソフトバレエ、minus(-)の森岡賢死去

【追悼】ソフトバレエ、minus(-)の森岡賢死去

 

SOFT BALLET/現minus(-)森岡賢が、心不全のため2016年6月3日、永眠した。

葬儀については、家族葬が執り行われたとのこと。なお後日、森岡賢のファンへ向けて「お別れ会」の場が設けられる。現在のところ詳細は未定だが、決定次第告知される予定だ。

   ◆   ◆   ◆

【訃報】

皆さまにご報告しなくてはならない事が、このような形になります事をお許しください。

森岡 賢(もりおかけん 享年49歳)が、心不全のため2016年6月3日、永眠いたしました。

葬儀につきましては、家族葬を済ませました事をご報告させて頂きます。
長年に渡り、森岡 賢 を応援して頂きました皆さまには感謝の言葉しかございません。
森岡 賢 に代わり、心よりお礼申し上げます。

尚、森岡 賢を応援して頂きました皆さまには、どのような形になるか未定ではありますが、
後日「お別れ会」の場を設けさせて頂きたく思っております。
詳細が決まり次第皆さまにお伝えさせて頂きますので、何卒宜しくお願い致します。

2016年6月7日 親族代表/森岡 慶(実弟)

   ◆   ◆   ◆

おい、うそだろ・・・・

まだ50ぐらいじゃなかったか。

あまりにも早すぎだわ。

 


<PR>

【ヴォーグダンス】未確認ダンス襲来!?「ヴォーギング舞装計画」


 

ソフトバレエ森岡賢とは

 

個人的にリアルの時代はあんまり知らなくて、SOFT BALLET(ソフトバレエ)の名前ぐらいしか知りませんでした。

知ったのは6,7年前にBUCK-TICKにハマりだして、

そのBUCK-TICKと仲が良く、新しいユニットまで生み出したバンドがあったのを知ったのです。

 

 

もちろんソフトバレエはもう解散しており、リアルタイムでは見れませんでしたが、

今はYOUTUBEニコニコ動画という素晴らしいものがあるんですよね。

 

 

わたしのスマホの動画アプリの中には、今も

BUCK-TICKとソフトバレエの動画がお気に入りで入っていて、

モリケンのくねくねダンスもありがたく視聴させていただいております。

 

 

 

森岡賢が在籍したソフトバレエとは

 

知らない方向けに少し説明すると

ソフトバレエ時代はBUCK-TICKと共に日本のインダストリアルロックの代表者として活躍。

 

 

聞き惚れるほどの低音ヴォイスの遠藤遼一

機械的で難解な曲調が中心の藤井麻輝

POPで一般人にも受け入れやすい曲が中心の森岡賢

 

そんな3人でしたが、時代を先取りしすぎたマニアックな曲が多いため、
バンド自体もどちらかというとコアな人気でした。

 

 

 

鉄面皮で超ストイック藤井麻輝と、自由奔放森岡賢は水と油のような存在だったようで、

喧嘩が絶えなかったようだが、

時が解決したからか、2014年に二人でminus(-)を結成。

 

さまざまなフェスやらツアーで活動を続け、これからというときに賢ちゃん死去・・・(泣)

 

 

ほんとうに人の人生って儚いものだなとしんみりと感じます。

 

あの世でゆっくりと休んで・・・

いやあのくねくねダンスを踊りまくって、あの世でもリスナーを楽しませてくださいね

 

 

 

関連する記事もどうぞ

  • 【追悼】モリケン(森岡賢)の音楽人生まとめ ソフトバレエ編2016年6月10日 【追悼】モリケン(森岡賢)の音楽人生まとめ ソフトバレエ編 (21)
    【追悼】モリケン(森岡賢)の音楽人生まとめ ソフトバレエ編   ども、管理人の閣下です。 モリケンこと森岡賢さん追悼の意味を含めて、その代表曲をまとめてみました。     SOFT BALLET(ソフトバレエ)とは   1986年結成。インディーズレーベル太陽レコードよりシングル「BODY TO […] Posted in 音楽
  • 楽器,音楽,ギター2019年11月20日 楽器初心者に最適!おすすめのバンドは生ける伝説BUCK-TICK!? (9)
    楽器初心者に最適!おすすめのバンドは生ける伝説BUCK-TICK!?   どうもトミーです 中学生や高校生ともなればすでに音楽が好きで毎日聴いている人が多いと思います。   トミー自身も小学生の高学年頃から急に音楽に興味を持ちはじめました。   買ってもらったラジカセをTVの歌番組のときにTV前まで運んで録音したり、 AMやF […] Posted in 音楽
  • 衝撃!!垣内りか(愛内里菜)を通して見る日本音楽業界の闇2016年4月4日 衝撃!!垣内りか(愛内里菜)を通して見る日本音楽業界の闇 (22)
    ある日突然表舞台から消えた歌手の愛内里菜が垣内りかと改名して表舞台に戻ってきた。 そんな彼女のインタビューからみえる日本音楽界の闇をひもといて行く。 […] Posted in 音楽
  • 【論争勃発】定額音楽配信サービスは浸透するべき?60億人を飲み込むサブスクを語る2019年12月24日 【論争勃発】定額音楽配信サービスは浸透するべき?60億人を飲み込むサブスクを語る (0)
    【論争勃発】定額音楽配信サービスは浸透するべき?60億人を飲み込むサブスクを語る サブスクが巻き起こす功罪 JASRACとレコード会社が幅をきかせてきたため、 日本の音楽業界は常に海外勢の後塵を拝してきたのは 音楽にこだわりのある方には周知の事実でしょう   そこへ突如風穴をあけてきたのがネット配信でした   これには古い体質がまかり通 […] Posted in 音楽
  • 【はた迷惑】ハイスタ違い Hi-STANDARDが起訴でモニタリング打ち切り?!ベッキーはどうなる2016年5月13日 【はた迷惑】ハイスタ違い Hi-STANDARDが起訴でモニタリング打ち切り?!ベッキーはどうなる (15)
    ベッキーが問題を起こしクビになった番組「モニタリング」。 そのモニタリングが打ち切りになる可能性があるというのだ。 制作会社の名前は往年の人気ロックバンドと同じ「ハイスタンダード」。 […] Posted in ニュース, 音楽
  • 【エリート】King Gnuはなぜこんなにも人気なの?2020年3月13日 【エリート】King Gnuはなぜこんなにも人気なの? (66)
    【エリート】King Gnuはなぜこんなにも人気なの?   ここ数年の邦楽界で最も勢いを増してるのではないかと感じる、 4人組ロックバンドがいます。   その名は「King Gnu」   有名な曲に、 などがあります。     白日や小さな惑星などは、King […] Posted in 音楽
  • 【生活密着型】ラウドロックバンド「打首獄門同好会」の人気の秘密2020年3月3日 【生活密着型】ラウドロックバンド「打首獄門同好会」の人気の秘密 (24)
    いまだ止まることを知らない新型コロナウイルスの拡大。 感染拡大を防ぐため、アーティストのライブ・イベント中止が相次いでいます。   そんな中、”生活密着型ラウドロックバンド”「打首獄門同好会」が、無観客ライブと称しYoutubeにて生配信を行いました。 ツアーファイナルが行われる予定だったZepp […] Posted in 音楽
  • ノイズキャンセリングで音質がすごい!air pods proレビュー2020年1月7日 ノイズキャンセリングで音質がすごい!air pods proレビュー (392)
    ノイズキャンセリングも音質もすごい!air pods proレビュー   最近、街でよく耳に白いワイヤレスイヤホンを付けている人を、 よく見かけるようになりました。   この記事を見て頂いている方にもユーザーが多いのではないかと思います。 そう、「air […] Posted in 音楽
  • 2016年11月13日 トランプ大統領誕生、もう終わりだ~ ←短絡すぎでしょ!! (18)
    アメリカ大統領選は大方の予想を裏切り、トランプが制した。 ヒラリーは実質ボロ負けだっとも言える。 メディアでは悪の権化のようにこき下ろされるトランプ新大統領。 果たして彼は本当にバカな破壊者になるのか? それとも […] Posted in 政治経済
  • 垣内りか(愛内里菜)の現在 ペットで年商5千万!2020年3月22日 垣内りか(愛内里菜)の現在 ペットで年商5千万! (24)
    垣内りか(愛内里菜)の現在 […] Posted in 音楽
  • 2019年、洋楽でもっともブレイクした新人ビリー・アイリッシュとは何者なのか2020年1月18日 2019年、洋楽でもっともブレイクした新人ビリー・アイリッシュとは何者なのか (108)
    2019年、洋楽でもっともブレイクした新人ビリー・アイリッシュとは何者なのか   2019年もあっという間に終え、2020年が始まりました。 2019年も様々な分野で多種多様な人物たちが業界を賑わせましたね。     今回は洋楽の世界に焦点を当ててみました。   その中でも特に印象強かったのがアメリカのシンガーソングライ […] Posted in 音楽
  • やらないか!ガチ甲冑合戦2016年2月17日 やらないか!ガチ甲冑合戦 (73)
      ども、こんにちは 管理人の閣下です。 「MARDER LOVE」SNOW を聴きながら書いてます。   さて今回取り上げるのはこちら 【ガチ甲冑合戦】   ん~なんですかこれ? 取り上げる私自身まったくの初耳。   ガチムチの男たちが甲冑を半裸に着こみ、戦うことである。   なお、「やらないか」という言葉は […] Posted in ニュース
 

人気記事

  • この記事を書いた人
BUCK-TICKERトミー

BUCK-TICKERトミー

こんにちわ、オタク修理屋せどらーのBUCK-TICKERトミーです。
職業:街の修理屋さん、せどり、情報発信などおこなっています。

小さなお店を経営する個人事業主ですが、失敗続きだった普通の人でも継続すればできるんだよということを知ってもらうため・・・
というのが表の理由。

本当は仕事とは別に好きなことを書ける場所がほしくて運営再開しました。応援お願いします(*´∀`*)

-音楽
-, , , ,

Translate »

Copyright© トミーのオタク王国作ろうぜ! , 2020 All Rights Reserved.