音楽

2019年、洋楽でもっともブレイクした新人ビリー・アイリッシュとは何者なのか

2019年、洋楽でもっともブレイクした新人ビリー・アイリッシュとは何者なのか

 

2019年もあっという間に終え、2020年が始まりました。

2019年も様々な分野で多種多様な人物たちが業界を賑わせましたね。

 

 

今回は洋楽の世界に焦点を当ててみました。

 

その中でも特に印象強かったのがアメリカのシンガーソングライター
ビリー・アイリッシュBillie Eilishではないでしょうか。

 

2019年の洋楽・・・いや世界中の音楽シーンを語る上で、

彼女の存在は無視できないものとなっています。

 

ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)はいったい、どんな人物なんでしょうか?

 

 

生い立ち 実は家族もすごかった

 

ビリー・アイリッシュは、2001年12月18日生まれの現在なんと18歳です。
(2020年現在)

アメリカのカリフォルニア州はロサンゼルス出身です。

 

 

彼女の父親は俳優で、過去に「アイアンマン」に出演したこともあるそうです。

母親は俳優業の傍ら、作曲活動もされているそうです。

アイリッシュに音楽の才能があるのも頷けますよね。

 

アイリッシュ自身も幼い頃から音楽に触れて育っています。

8歳でロサンゼルスの合唱団にて活動していました。

11歳の時にはアイリッシュの兄の影響を受けて既に作詞、作曲をしていたそうです。

 

 

最近音楽を初めてすんなりデビューしたのではなく、音楽歴が長いんです。

やはり育った環境は大切なんだなと考えさせられますね。

https://www.last.fm/ja/music/

 

始まりはサウンドクラウド

 

彼女がデビューしたきっかけをご存じでない方も多いのではないでしょうか。

 

彼女は2016年に音楽ファイルを共有できるインターネットサイト「サウンドクラウド」上に、
自身のデビュー曲となる「Ocean Eyes」をアップロードし、
それがきっかけで名が知られることになりました。

 

後にこれがレコード会社の目に留まり、再度リリースをすることになります。

 

 

ちなみにアイリッシュは「ジャスティン・ビーバー」の大ファン。

現在は念願叶って、アイリッシュの名曲「bad guy」をジャスティンと共演しています。

 

 

そんなジャスティンも始まりは動画投稿サイト「You Tube」です。

デビューのきっかけもなんとなく似ています。

https://www.cinemacafe.net/

 

 

増し続ける勢いと影響力

 

その類いまれなる才能から、アイリッシュは素晴らしい記録を打ち立てています。

 

音楽配信サービス「Spotify」では、「2019年最も再生されたアルバム」として、

代表曲「bad guy」を含む彼女のデビューアルバム『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』がトップに輝きました。

 

ちなみに女性アーティストが1位になるのはアイリッシュが初のようです。

 

 

その他にもApple Musicにて80か国で1位、
iTunesでは60か国で1位というとんでもない記録です。

 

CDアルバムの売上はおよそ31万3000枚で、
これは「アリアナ・グランデ」に次ぐ2019年で2番目の記録です。

アリアナを超えるのも時間の問題かもしれません。

 

https://www.last.fm/ja/music/

 

まとめ

 

2019年が終わっても、彼女の影響力は凄まじいものである事は間違いありません。

今年はどんな快進撃を見せてくれるのでしょうか。

 

また、ツアーでの来日など日本のメディアへの露出もさらに増えるのではないかと思われます。

今後のBillie eilish(ビリー・アイリッシュ)の動きに目が離せません。

関連する記事もどうぞ

  • 楽器,音楽,ギター2019年11月20日 楽器初心者に最適! おすすめのバンドはなんと生ける伝説BUCK-TICK!? その理由とは? (6)
    音楽を好きになったら楽器に興味わきますよね   どうもトミーです 中学生や高校生ともなればすでに音楽が好きで毎日聴いている人が多いと思います。   トミー自身も小学生の高学年頃から急に音楽に興味を持ちはじめました。   買ってもらったラジカセをTVの歌番組のときにTV前まで運んで録音したり、 AMやFMラジオから録音して自分だ […] Posted in 音楽
  • 【論争勃発】定額音楽配信サービスは浸透するべき?60億人を飲み込むサブスクを語る2019年12月24日 【論争勃発】定額音楽配信サービスは浸透するべき?60億人を飲み込むサブスクを語る (0)
    【論争勃発】定額音楽配信サービスは浸透するべき?60億人を飲み込むサブスクを語る サブスクが巻き起こす功罪 JASRACとレコード会社が幅をきかせてきたため、 日本の音楽業界は常に海外勢の後塵を拝してきたのは 音楽にこだわりのある方には周知の事実でしょう   そこへ突如風穴をあけてきたのがネット配信でした   これには古い体質がまかり通 […] Posted in 音楽
  • 【はた迷惑】ハイスタ違い Hi-STANDARDが起訴でモニタリング打ち切り?!ベッキーはどうなる2016年5月13日 【はた迷惑】ハイスタ違い Hi-STANDARDが起訴でモニタリング打ち切り?!ベッキーはどうなる (8)
    ベッキーが問題を起こしクビになった番組「モニタリング」。 そのモニタリングが打ち切りになる可能性があるというのだ。 制作会社の名前は往年の人気ロックバンドと同じ「ハイスタンダード」。 […] Posted in ニュース, 音楽
  • 衝撃!!垣内りか(愛内里菜)を通して見る日本音楽業界の闇2016年4月4日 衝撃!!垣内りか(愛内里菜)を通して見る日本音楽業界の闇 (10)
    ある日突然表舞台から消えた歌手の愛内里菜が垣内りかと改名して表舞台に戻ってきた。 そんな彼女のインタビューからみえる日本音楽界の闇をひもといて行く。 […] Posted in 音楽
  • ノイズキャンセリングで音質がすごい!air pods proレビュー2020年1月7日 ノイズキャンセリングで音質がすごい!air pods proレビュー (626)
    ノイズキャンセリングも音質もすごい!air pods proレビュー   最近、街でよく耳に白いワイヤレスイヤホンを付けている人を、 よく見かけるようになりました。   この記事を見て頂いている方にもユーザーが多いのではないかと思います。 そう、「air […] Posted in 音楽
  • 【追悼】ソフトバレエ、minus(-)の森岡賢死去2016年6月8日 【追悼】ソフトバレエ、minus(-)の森岡賢死去 (19)
    【追悼】ソフトバレエ、minus(-)の森岡賢死去   元SOFT BALLET/現minus(-) […] Posted in 音楽
  • 【追悼】モリケン(森岡賢)の音楽人生まとめ ソフトバレエ編2016年6月10日 【追悼】モリケン(森岡賢)の音楽人生まとめ ソフトバレエ編 (20)
    【追悼】モリケン(森岡賢)の音楽人生まとめ ソフトバレエ編   ども、管理人の閣下です。 モリケンこと森岡賢さん追悼の意味を含めて、その代表曲をまとめてみました。     SOFT BALLET(ソフトバレエ)とは   1986年結成。インディーズレーベル太陽レコードよりシングル「BODY TO […] Posted in 音楽
  • 香港デモは単なる他国のデモではない!!2019年10月13日 香港デモは単なる他国のデモではない!! (158)
    香港デモは単なる他国のデモではない!! 日本のメディアはまたもや他人事 日本での報道は減ったが、香港では依然としてデモ隊と警察の衝突が続いている。 香港政府は9月4日にデモのきっかけになった「逃亡犯条例」改正の撤回を発表したが、収まる気配はない。   香港の若者たちは何を求めているのか。 なぜデモは収束しないのか。   連日過激さだ […] Posted in 政治経済
  • 【画像あり】バカリズムの嫁(結婚相手)は元でんぱ組の夢眠ねむ2020年1月9日 【画像あり】バカリズムの嫁(結婚相手)は元でんぱ組の夢眠ねむ (300)
    画像あり、バカリズムの嫁(結婚相手)は元でんぱ組の夢眠ねむ 12月24日のクリスマスイブに、 お笑い芸人のバカリズムさんと元でんぱ組.incの夢眠ねむさん(ねむきゅん)がご結婚されましたね。 おめでとうございます!   個人的に山ちゃん(山里亮太)と蒼井優さんのご結婚と同じくらい驚きましたが、 お二人はどのようにして知り合って、どのようにして […] Posted in 芸能
  • マイルドヤンキーは単なる情報弱者でない理由2019年12月29日 マイルドヤンキーは単なる情報弱者でない理由 (26)
    マイルドヤンキーは単なる情報弱者でない理由   数年前に『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』(幻冬舎新書)という本が発売され、話題になった。   著者は博報堂ブランドデザイン若者研究所のリーダーをつとめる原田曜平さんだ。 このマイルドヤンキーという言葉は一躍スターダムになり、当時はTVでも何度か原田氏を見かけたことがある。 &nbs […] Posted in 政治経済
  • 地上最強のラーメンが食べたいのぅ→→最強ラーメンFes. 開催2016年3月4日 地上最強のラーメンが食べたいのぅ→→最強ラーメンFes. 開催 (42)
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------PR---------------------------------満を持して飲食店を始めた!!・はいいけども、このままでは雇われ時代のほうが収入あったよなぁ~・料理の味は […] Posted in お役立ち情報
  • 【疑問】桜田門外の変 天気が大雪だったのは真実?!2016年3月7日 【疑問】桜田門外の変 天気が大雪だったのは真実?! (20)
    ------------------------------------------------------------------------------------------PR------------------------------本当に目から鱗が落ちます!「たかがドジョウの引き釣り」と言いますが、奥があって深く、全くそんなことはありません。 […] Posted in その他, お役立ち情報
 

人気記事

  • この記事を書いた人
BUCK-TICKERトミー

BUCK-TICKERトミー

こんにちわ、オタク修理屋せどらーのBUCK-TICKERトミーです。
職業:街の修理屋さん、せどり、情報発信などおこなっています。

小さなお店を経営する個人事業主ですが、失敗続きだった普通の人でも継続すればできるんだよということを知ってもらうため・・・
というのが表の理由。

本当は仕事とは別に好きなことを書ける場所がほしくて運営再開しました。応援お願いします(*´∀`*)

-音楽
-, , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© トミーのオタク王国作ろうぜ! , 2020 All Rights Reserved.