漫画・アニメ

1970年代 激動の少年ジャンプでデビューした平松伸二の漫画家人生

shinji-hiramatu

 不屈の漫画家人生 衝撃の結末は…!?

1974年、18歳で岡山から上京してきた漫画家志望の青年、平松伸二。

 

少年ジャンプの連載作『アストロ球団』中島徳博のアシスタントをしていたが、

中島の体調不良により、空いたページを埋める「代原」を描くことに。

 

それをきっかけに、ジャンプの新連載、武論尊原作『ドーベルマン刑事』の作画担当に抜擢される。

 

『外道マン』の著者である“外道マンガ家”平松伸二と、

長年のジャンプ愛読者である芸人・ケンドーコバヤシの対談が実現!

 

劇中に登場する名物編集者や作家にまつわるエピソード、

発行元である集英社への恨みつらみまで、2人がたっぷりと語ります。

詳しくはナタリーの特集ページをチェック!

「そしてボクは外道マンになる」特集 平松伸二×ケンドーコバヤシ対談 - コミックナタリー 特集・インタビュー
「そしてボクは外道マンになる」特集 平松伸二×ケンドーコバヤシ対談 - コミックナタリー 特集・インタビュー

外道マンガ家が暴露する、週刊少年ジャンプ70~80年代の狂気

続きを見る

 

『ブラック・エンジェルズ』の連載を前に仕事にのめり込み、変貌する伸二。

新婚生活を楽しむ時間も余裕も失っていく…。

 

心ない言葉に傷つき家を出て行った妻、そして新連載の重圧が伸二の体を蝕む。

今明かされる人気連載の裏側とライバルたち。平松伸二、不屈の漫画家人生、衝撃の結末は…!?

 

平松伸二:はい、今日はよろしくお願いします。

1970年代、激動の少年ジャンプでデビューした漫画家・平松伸二。

 

これは、岡山の田舎で生まれた漫画好きの少年が1人の漫画家、

そして「外道マン」へと成長していく姿を描いた、著者入魂のドキュメンタリー漫画である!

 

 

黒き羽がはえちまったな

平松伸二「ブラックエンジェルズ」は1980年代前半に、週刊少年ジャンプで連載していた漫画だ。

「ブラックエンジェルズ」の内容には、子供のころはよく理解できなかったことがあった。

その辺りのことを含めて、うろ覚えな思い出話を語りたい。

 

これまでにもコラボ企画やザ・松田を主人公にすえたスピンオフ作品の発表はあったものの、

オリジナルコミック新作としては26年ぶり。

 

実写版製作陣の熱いリクエストに平松が快諾したものなので、

今回の実写化がなければ実現することはなかったコラボ企画。

 

実写版への導入にもぴったりな本作は現在オフィシャルサイトにて公開されているものの、

過激なシーンがあるため、一部に修正が施されている。

 

修正なしのオリジナルバージョンは5月13日に発売されるコンビニ限定のスペシャル版コミック

「ブラックエンジェルズ 黒き罠編」に収録される予定だ。

 

「ブラックエンジェルズ」には謎描写が多かった

 

物語の謎松田とボクサーの話鷹沢の言っていることが意味不明だった。

・勇気は何で突然、邪悪になったのか?

・松田はなぜ、全裸にされたのか?

・武器の謎飛鳥のトランプは、何でできているのか?

・閻魔球は、あのまま生活していたのか?

・神麗院の耳は、なぜ尖っていたのか?

 

男女間の謎切人と卑弥子の関係ジュディと牙の関係「ブラック・エンジェルズ」

の根底にある考え方相手が悪党でも、殺人は悪。

悪党が反省も改心もしない。

男性が一途で女性がフラフラしている。

 

ココがおすすめ

「悪」に対する哲学。

 

現在公開されているのは、今回発売される実写版オリジナルエピソードの前日譚(たん)

「ブラック・エンジェルズ DVDエピソード第0章」。

 

実写版オリジナルキャラクターの悪徳検事・堺善三の外道ぶりがよくわかるエピソードを中心に、

主人公の雪藤洋士、麗羅はもちろんのこと、

実写版には登場しない原作の人気キャラクター松田鏡二(ザ・松田)も登場するという

ファンサービスたっぷりの作品に仕上がっている。

関連する記事もどうぞ

 
  • この記事を書いた人
BUCK-TICKERトミー

BUCK-TICKERトミー

こんにちわ、オタク修理屋せどらーのBUCK-TICKERトミーです。
職業:街の修理屋さん、せどり、情報発信などおこなっています。

小さなお店を経営する個人事業主ですが、失敗続きだった普通の人でも継続すればできるんだよということを知ってもらうため・・・
というのが表の理由。

本当は仕事とは別に好きなことを書ける場所がほしくて運営再開しました。応援お願いします(*´∀`*)

-漫画・アニメ
-, , ,

Translate »

Copyright© トミーのオタク王国作ろうぜ! , 2019 All Rights Reserved.