政治経済

『闇金ウシジマくん』沖縄編で学ぶ沖縄の裏側とエリートの直し方

『闇金ウシジマくん』沖縄編で学ぶ沖縄の裏側とエリートの直し方

 

中学生が売春に走る沖縄の貧困の残酷な現実

 

女性、特に単身女性と母子家庭の貧困が社会問題となっている。

前回に引き続き、平均年収全国最下位、離職率全国1位に苦しむ沖縄で貧困に苦しむ女性のルポをお届けする。

このルポは「総論」を語るものではなく、あえて「個人」にクローズアップしている。

そこから浮かび上がってくる真実があると信じているからだ。

われわれは、現実に起きていることから目をそむけてはならない。 

 

沖縄最大の歓楽街・松山には、性風俗が密集する。

路上にはスーツ姿の若い男性キャッチがあふれ、一晩中立ち、ひっきりなしに声をかける。

歓楽街の真ん中にある雑居ビル前で、男性ピンサロ経営者・上地氏(仮名)を待つ。

沖縄の住人たちの夜の始まりは、遅い。

21時を過ぎてから、出勤する女性が続々と前を通り過ぎる。

雑居ビルでは、数店の風俗店が派手にネオンを灯す。

しかし、上地氏が経営するピンサロは、いくら探してもそのビルにはなかった。

 「うちは違法店だから、看板はないのですよ。
空テナントに見えるここが、うちの店です。白看板の営業です」

 現れた上地氏は、恰幅のいい男性だった。

3階の真っ白のプレートが掲げられた店を指して、そう言う。

22時に開店、朝5時まで営業する。

風営法でキャバクラや店舗型風俗店の営業時間は深夜0時か1時までと定められているが、松山では基本的に誰もコンプライアンスを守っていない。

 

 

知っている人は知っている沖縄の暗黒面!!

 

 

ちなみに大新聞やテレビなどでは、こういった問題はほとんど取り扱われません。

もし取り扱っても表面的なことしか見せようとしませんね。

 

でも週刊誌などの大衆紙ではこういったものもわりと頻繁に載せられます。

 

同じメディアなのにこの違いは何でしょうか?

 

 

大手新聞社・TV業界のエリート層 vs 雑誌・週刊誌の叩き上げ

 

  • 大手新聞テレビ・・・・・・・・・・エリート層
  • 週刊誌系漫画雑誌・・・・・・・叩き上げ中間層

 

 

大手新聞、テレビ系(特にキー局)は基本的に知らない人はいないような
エリート層の代名詞である大学出身者が多くを占めている。

というより、そこからしか取らない体質

 

 

つまりエリートの階段を約束された人間たちだけがジャーナリストとしての道を歩む。

 

そして悪名高き記者クラブ制度で、最初は純粋だった(と信じたい)新米記者たちは変わっていく。

『オレたちが世の中を動かしてるとこ見てぇぇぇぇぇぇ!!』とね。

 

 

 

そして口では民主主義だ、人権だと言いながら、中身は選民思想そのもので、

大衆はゴミだ、オレたちが世の中を斬ってやるんだURYィィィィィィィィィ~~!!

と実際の生活には役に立たないご高説ばかりを並べてうっとり。

 

 

で、そういう人たちがいざ政治家になると・・・・・当然役に立ちません。

 

 

 

それに対して後者の週刊誌系や漫画雑誌はまず読者に読んでもらわなければいけない。

 

あれダメこれダメの世界とは正反対で、どぎつい内容のものもバンバン載せる。

そして学者先生が語るようなものよりも、もっと庶民生活に近い切り口で斬ってくる

 

例えば『闇金ウシジマくん』真鍋昌平 の沖縄編なんてまさにその暗黒面を、
これでもかと詰め込んできますが、正直目をそむけたくなるようなリアルを読者に訴えてきます。

下手な小説を読むより脳裏にきざまれます。

 

闇金ウシジマくん 全巻セット (1-36巻 最新刊)/真鍋 昌平/小学館

価格:20,440円
(2016/6/22 18:23時点)
感想(4件)

政治の記者会見場などには週刊誌系は入り口で止められる
という話をされているコメンテーターの方もいらっしゃいましたが、

 

そんな経験が積み重なってるからこそ、

『エリート共めぇ、貴様ら今にみてやがれぇぇ!!』

となるのかもしれませんね。

 

 

まぁ部数やスクープを取ることに気が行き過ぎて、
ガセネタが多すぎるというのが最大の弱点でしょうけどね。

 

でも真実を書いてある率は当然こちらのほうが高いわけです。

それは現場重視という体質が身についているからでしょう。

 

 

通信社の内容を丸写ししたり、ネットで書かれてるものをコピペしたり・・・

そんなエセジャーナリストたちがはびこる業界に負けるわけはないんですよ。

 

 

 

まとめ

いろいろ書いてきましたが、私は別に週刊誌が好きなわけではありません。

 

ただエセジャーナリストがはびこるエセエリートたちが大っ嫌いなだけです(笑)

同じく、ご高説をたれて常に上から目線の社会学者もね。

 

実際、コメンテーターでも大手新聞社出身の人間より地方紙出身の人のほうがおもしろいですね。

 

 

 

でもエリートが必要なのは重々承知。

問題点を改善すればいいだけなのですが、問題点はそんなに多くありません。

 

  • 現場や現実を見ずに、自分の中で形成された理想主義に走りがち
  • 頭脳明晰な人間ほど他人の意見を聞かない者が多い
  • 人を見下す
  • 人には厳しいが、自分自身や仲間への責任感は欠如している

 

どうでしょう。

 

毎日毎日流れるニュースで、エラい人たちはなぜ間違いばかり犯すのか

不思議に思ったことはありませんか?

 

結局ほとんどこの4点に当てはまるんですよね。

 

 

 

例えば

  • なまじ頭が良すぎるから、法のすき間を見ぬいてインサイダー取引をやっちゃったホリエモン
  • せこいごまかしをあらゆる方法で行なってきた舛添元都知事
  • 創業者としてすごい功績を積み上げながら、徐々に老害化していった中内功
  • 定年が近づいてくると、税金を使って役にたたないハコモノを作り天下っていく官僚

 

ほんと、どうしたらこういうものをなくせるのか。

 

結局人間の心の持ち方一つで世の中って変わるので、
エリート層に在籍する方はすぐにでも自己改良をおこなっていただきたいですね。

 

 

日本自立のためのプーチン最強講義 [ 北野幸伯 ]

価格:1,728円
(2016/6/22 18:31時点)
感想(1件)

関連する記事もどうぞ

  • 香港デモは単なる他国のデモではない!!2019年10月13日 香港デモは単なる他国のデモではない!! (149)
    香港デモは単なる他国のデモではない!! 日本のメディアはまたもや他人事 日本での報道は減ったが、香港では依然としてデモ隊と警察の衝突が続いている。 香港政府は9月4日にデモのきっかけになった「逃亡犯条例」改正の撤回を発表したが、収まる気配はない。   香港の若者たちは何を求めているのか。 なぜデモは収束しないのか。   連日過激さだ […] Posted in 政治経済
  • 【舛添】マムシの善三という似非弁護士 国家権力&メディア 正義と悪って一体なんなの2016年6月22日 【舛添】マムシの善三という似非弁護士 国家権力&メディア 正義と悪って一体なんなの (2)
    舛添を監査するという第三者委員会。しかしその弁護士はまむしの善三とよばれる佐々木善三。 彼は東京電力・小渕優子・猪瀬直樹などの弁護を行なってきた男だった。 […] Posted in ニュース, 政治経済
  • またですか、今井絵理子参院選出馬?2016年2月6日 またですか、今井絵理子参院選出馬? (7)
      どうもこんにちわ、閣下です。 「ハネウマライダー」ポルノグラフィティ を聴きながら書いております。 さて今日取り上げるのはこれ  今井絵理子が自民党から出馬       そう、30代の人の青春時代に活躍したのが4人組ダンスユニットのSPEED(スピード)です。   あの時代を思い浮かべると、デビュー曲の「BODY AND SOUL」のヒット […] Posted in お役立ち情報
  • マイルドヤンキーは単なる情報弱者でない理由2019年12月29日 マイルドヤンキーは単なる情報弱者でない理由 (22)
    マイルドヤンキーは単なる情報弱者でない理由   数年前に『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』(幻冬舎新書)という本が発売され、話題になった。   著者は博報堂ブランドデザイン若者研究所のリーダーをつとめる原田曜平さんだ。 このマイルドヤンキーという言葉は一躍スターダムになり、当時はTVでも何度か原田氏を見かけたことがある。 &nbs […] Posted in 政治経済
  • 2016年11月13日 トランプ大統領誕生、もう終わりだ~ ←短絡すぎでしょ!! (18)
    アメリカ大統領選は大方の予想を裏切り、トランプが制した。 ヒラリーは実質ボロ負けだっとも言える。 メディアでは悪の権化のようにこき下ろされるトランプ新大統領。 果たして彼は本当にバカな破壊者になるのか? それとも […] Posted in 政治経済
  • 【石田純一】不倫は文化→息子ヤク中逮捕→理子ブログ騒動→今度は都知事選出馬騒動    なんなのこの人2016年7月12日 【石田純一】不倫は文化→息子ヤク中逮捕→理子ブログ騒動→今度は都知事選出馬騒動 なんなのこの人 (84)
    計算つくされた経費ごまかしで辞任に追い込まれたネズミ男こと舛添要一元都知事。 その後釜に誰がつくのか。 本命の小池百合子とは違った意味で話題を振りまく男がいる。 その男の名は石田純一。 […] Posted in ニュース, 政治経済
  • 早わかり 日本人が知らない南スーダンの内戦 レイプ事件1000件以上!2016年7月11日 早わかり 日本人が知らない南スーダンの内戦 レイプ事件1000件以上! (150)
    長い内戦からようやく建国に至った南スーダン。 建国から5年、未だに内戦が続き、虐殺行為が国連の報告であきらかになった。 中には15歳の少女を吊し上げ、10人の軍人でレイプする姿を母親に見せるなどの信じられないようなド外道行為が、当たり前のように行われているのだ。 […] Posted in 政治経済
  • 圧倒的じゃないかわが資産は!! 長者番付 柳井正氏がトップに2016年4月11日 圧倒的じゃないかわが資産は!! 長者番付 柳井正氏がトップに (94)
    米経済誌フォーブスが発表した2016年版「日本長者番付」の首位は、2年連続でファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏だった。 ブラック企業を代表する企業ユニクロを一代で作り上げた男の人生を振り返ると、以外な真実がわかった。 経歴を振り返りながら、柳井正氏を分析してみた。 […] Posted in 世界, 政治経済
  • 都知事選候補は毎回やばすぎる人材の宝庫 今回の目玉は武井直子2016年7月21日 都知事選候補は毎回やばすぎる人材の宝庫 今回の目玉は武井直子 (3)
    舛添要一亡き後の都庁(亡くなってません)。 そこで繰り広げられる都知事選、メディアでは小池百合子、増田寛也、鳥越俊太郎の三者しか扱っていない状況。 そんな中、ある立候補者が注目を浴びている。 その名は武井直子。 現在無職の彼女が注目される理由とは。 […] Posted in 政治経済
  • 現金派とキャッシュレス派のメリットとデメリットを比較してみた2019年12月25日 現金派とキャッシュレス派のメリットとデメリットを比較してみた (161)
    現金派とキャッシュレス派のメリットとデメリットを比較してみた   ここ数年でキャッシュレス対応のお店やサービスが激増しました。 特にそう感じるのはやはり増税後かなと思います。     街を歩いていると「キャッシュレスで5%還元!」などといった広告をよく目にします。     QUIC […] Posted in 政治経済
  • 【都知事続投】妖怪ねずみ男逃げ切るの巻2016年6月6日 【都知事続投】妖怪ねずみ男逃げ切るの巻 (0)
       舛添氏 都知事続投表明「粉骨砕身…」東京都の舛添要一知事(67)が6日、都庁で会見を行い、第三者の弁護士2人に依頼していた自身の政治資金支出に関する疑惑等の調査結果を発表。その上で、「公私の区別を明確にして、粉骨砕身、都政の運営に努めて参りたいと思っております」と知事を辞職する考えがないことを強調した。 弁護士の発表によると、舛添氏の“疑惑”とされた […] Posted in ニュース, 政治経済
  • 話題騒然!少年院出身アイドル戦慄かなの壮絶人生2019年11月14日 話題騒然!少年院出身アイドル戦慄かなの壮絶人生 (70)
    戦慄かなのの壮絶人生 Posted in 芸能
 

人気記事

  • この記事を書いた人
BUCK-TICKERトミー

BUCK-TICKERトミー

こんにちわ、オタク修理屋せどらーのBUCK-TICKERトミーです。
職業:街の修理屋さん、せどり、情報発信などおこなっています。

小さなお店を経営する個人事業主ですが、失敗続きだった普通の人でも継続すればできるんだよということを知ってもらうため・・・
というのが表の理由。

本当は仕事とは別に好きなことを書ける場所がほしくて運営再開しました。応援お願いします(*´∀`*)

-政治経済
-, , , ,

Translate »

Copyright© トミーのオタク王国作ろうぜ! , 2020 All Rights Reserved.